シボヘールサプリメントの成分か知りたい!

↓シボヘールの公式サイトはこちら↓

シボヘール

 

シボヘールの成分が気になる方は必見です。

 

このページでは少しお堅い事を書いたページになってしまいます。

 

難しいことも出てきますがよりわかりやすくかみ砕いて説明したいと思います。

 

シボヘールは機能性表示食品で消費者庁に登録されています。

 

登録番号はB56です。

 

まずシボヘールの基本情報を一部お借りしてきています。

 

機能性表示食品として消費者庁に登録された内容は情報が開示されるようになっています。

 

栄養成分

本品中の一般成分を分析した結果、1 日摂取目安量4 粒あたりの含有量は、
エネルギー:3kcal
脂質:0.04 g
タンパク質:0.05g
炭水化物:1 g
食塩相当量:0.001 g

 

機能性関与成分葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg

 

シボヘール 成分

 

 

科学的根拠を有する機能性関与成分名及び当該成分又は当該成分を含有する食品が有する機能性 1. 機能性関与成分名

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)
2. 有する機能性
本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方、BMI が高めの方、お腹の脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。

 

上記の事をわかりやすく言うと葛の花由来イソフラボンが内臓脂肪と皮下脂肪やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があると言っています。

 

つまり痩せられる根拠が示されているわけです。

 

これに対して本当か?

 

なんて思いますよね(笑)

 

そこで作用機序に関する説明資料というものがあります。

 

作用機序とはどういった根拠でそういった効果があるのかを説明しています。

 

とても難しい内容でした。

 

7 週齢C57BL/6J 雄性マウスを2 群に群分けし、高脂肪食(HFD 群)、葛の花抽出物を混餌した高脂肪食(HFD+PFE 群)をそれぞれ14 日間摂取させ、白色脂肪重量、糞中脂質量及び各臓器での遺伝子発現量の測定を行った。その結果、HFD+PFE 群ではHFD 群と比較して、白色脂肪重量が有意に低い値を示した…  続きを見たい方はこちらをクリックしてください

 

つまるところ葛の花抽出物は、肝臓での脂肪合成を阻害して脂肪組織での脂肪分解及び熱産生亢進を促進させる作用があるのです。
脂肪を作らず脂肪を燃焼させるということですね。
そして太っちょマウスに葛の花のイソフラボン類を42日間与えると抗肥満作用に関与していることが分かったのです

 

どうでしたでしょうか?

 

難しい部分もありましたがオレンジ枠で囲ってあるところを見ていただけるとわかりやすかったのではないでしょうか。

 

シボヘールに入っている葛の花由来イソフラボン成分はダイエットのサポートができるということが分かりました。

 

あなたの描く理想の体重に近づけるようイソフラボンは体の中で働きかけてくれるのです。

 

そんなシボヘールなのですが実際に飲んでいる方の評判が気になりませんか?

 

そこで評判について調べました。

 

>>シボヘールの評判を見てみる

 

↓シボヘールの公式サイトはこちら↓

シボヘール